February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

色ぬりにでる、その子らしさ。




wakka.のレッスンは、

こどもの成長発達段階に寄り添いながら、ピアノ学習を進めています。



「聴音」も、毎レッスン行なっています。




先日のレッスンで、なんだか色ぬりに時間がかかってるゾ⁈と思って覗き込んでみると。




‥カラフルに丁寧に塗ってました^_^



枠からガバッとはみ出して塗る子もいるし

黒一色で塗る子もいる



色ぬりひとつとっても、それぞれ個性が出てますねっ。

親子サークルさんでリトミック♩




寒い日が続きますね。


親子サークルさんの集いに、リトミック講師として招いていただきました!




はじめましての親子さんでしたが、こどもたちも音への反応がよく、お母さん方も一緒に楽しんでいただけた様子だったので、ひと安心^_^



ダウン症という特別な権利を持ったこどもたちでしたが、ひとことでダウン症といっても、みんなそれぞれ個性があってかわいい。



人との差異を受け入れ、認めあえる世界は、なんだかモノゴトの見え方がふわっと優しくなる気がします。




主催していただきました、親の会代表の 高橋美晴さん。ありがとうございました‼

音には真摯に。




音楽はたのしい。



でも、音には真摯に。



---


2月もあっという間に過ぎていってます。

 


生徒さんもわたしも、発表会にむけて曲の仕上げと、気持ちを盛り上げながら取り組んでいる日々です^_^




仕事に夢中になると、身の回りのことや、身につけるものまでもどうでもよくなってくる性分なので、

いろいろバランスとりながら取り組んでいます。。



ふーっ。

あと一息でプログラムが仕上がりそう!

うーーーんと、のびる。




うーーーーんと、のびる!!



発表会の曲を仕上げようと、集中しすぎるとね。からだが強張るよね。




ゆるめて、ゆるめて。




そして、

また集中。

【 おしらせ 】養成校について。




今日は朝から中津へ。


リトミック試験に見事に合格された受講生さんに、サティフィケートを手渡しに行ってきました^ ^



これまで数年間、日本音楽脳育協会のリトミック資格を取得できる養成講師として活動していましたが、


これからやりたいことが、ちょっとずつ変化をしてきました。



大分大在校の受講生が0になったこのタイミングで、閉校にさせていただくことに致しました。



受講生が合格にたどり着くまでのさまざまな葛藤を、一緒に乗り越えていった体験は、とても大きな財産になったと感じています。



養成講師ではなくなりますが、

乳幼児期のこどもたちの教育に携わるいち講師として、これからも学び続けていこうと思います!





私立幼稚園さんでリトミック♩



地元の私立幼稚園、

「大分明星幼稚園」さんに、毎年この冬の時期にリトミック講師として招いていただいてます。



4月から新しく入園する親子さんが3つのグループになり、3日にわけてのリトミック。




この日に体験したリトミックを、その場限りではなく、おうちにも持ち帰って日常に取り入れたくなるような内容をもりっと入れ込んでいきました^ ^




音楽教育としてのリトミックでもあるので、教育的なポイントもしっかり押さえていますよっ。



「親子でうたうことが増えました!」



「こどもとの遊び方がわかり、2人で家の中に居るときもたのしくなりました!」




教室後にそんな感想をいただけると、リトミック講師をしていてよかったなと嬉しくなります。



今回ご参加の親子さんにも、何かひとつでも取り入れていただけたら嬉しいです^_^




外部講師として招いていただきました「大分明星幼稚園」さん、ありがとうございました。


拝啓『おとなのぼくへ。』



床の手ざわりがサラサラになるくらい部屋も拭きあげて、4日からwakka.ピアノレッスンも気持ちよくスタート!



そんな中、

先週は元職場の幼稚園へワクワク行ってきました。



今年成人を迎える教え子たちとの「同窓会」です^_^



なんと

わたしが新任20歳の頃の教え子が、今年で成人20歳に。



6歳卒園のときに書いた、「20歳の自分にむけた手紙」。


この手紙を受け取りに、この日は幼稚園に集まったのでした。



そう、タイムカプセルですねっ。




長い年月を経て、自分の手元に「おかえり。」と戻ってくるこの感覚。



‥なんともいえない懐かしさや、ホッとする安心感に空気が包まれていました。



封の中には、当時のお母さんたちからの言葉や写真も入っていて、

20歳になったこどもたちは、照れ臭い反面うれしさを隠せずに涙ぐむ場面も。





あぁ、、



ぐっとくるなぁ。。。





こんな温かい気持ちを味わえる20歳って、すごく羨ましい!!




この日の教え子の様子を感じていると、

わたしが親になったときは、幼少期のヘンテコ手作りの物や、ぐちゃっと手書きのもの‥



なんだか「ムダ」に思えるものこそ、宝物にしておきたいなと思ったのでした。



(わたしの母も、よくこんなのとっておいたねという幼少期のものを大事にしてくれてるから、そう思うのかも。)





カトリック幼稚園なので、久しぶりにご聖堂でお祈りのじかんも。


初詣の神社もそうですし、

たまには、神聖な空間に身を置くのも大事ですね。



成人おめでとうございます。

2019新年。



2019

あけましておめでとうございます。




今年の教室運営も、あまり大きく広げていくことはないかもしれませんが、


はじめましての方にも不定期で「親子リトミック教室」はご案内していけたらと思っています^ ^


HPは一旦閉じていますので、こちらのブログでご案内していきますね!




失敗を恐れず、

感謝とユーモアを忘れずに。


先生業も精進していく1年にしたいです。



本年もよろしくお願いいたします。




親子リトミック&ピアノ教室『wakka.』代表 佐藤 みく

2018感謝。




窓拭きの手をちょっと止めて、発表会のことを思い出す大晦日です。



ピアノの生徒さんの他に、リトミック、ピアミックの親子さんも入れて、総勢40組近い出演者から、サプライズでいただいたメッセージアルバム。


wakka.の生徒さんでもある友人2人が、知らない間にお母さん方のまとめ役になって裏で動いてくれていました。



今年最大の感謝です。



生徒さんのご家族も、

そうでないブログを読んでいただいた方も、

ココに訪れてくれてありがとうございました。


来年も、マイペースに綴っていこうと思います。


新しい年も、みなさんにとって愛溢れる1年になりますように。




--- 2018発表会 special thanks ---


●ゲスト演奏   バイオリン   森崎 文子先生

●アナウンス   幸 美弥子先生

●裏方全般  櫻井 美佳子先生

●photo DICEK

●映像&会場 佐藤 健太


クリスマス弾きあい会vol.3

 

( Fちゃん、Aちゃん)

 

 

弾きあい会では、佐藤も好きな一曲を演奏。

 

『Ave Maria』- ブルグミュラー

 

 

 

アヴェ・マリアという曲名で、本当に多くの作曲家が作品を残しています。

 

 

教会専属の作曲家がいた背景もありますが、きっと、創作意欲を掻き立てる存在なんだろうな^ ^

 

 

ニューヨークの「メトロポリタン美術館」に20代の頃訪れたときも、いろんな姿の聖母子像があり、魅力的でした。

 

 

 

(Mちゃん、Rちゃん)

 

 

 

友だちの演奏を聴いて、一言ずつ感想も言葉にしていきました。

 

 

奏者としての技術ももちろんですが、

聴者としての「聴く心」も同時に育てていきたいです。

 

 

 

●クリスマス弾きあい会vol.1

 

●クリスマス弾きあい会vol.2

12345>|next>>
pagetop