May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ごはん日記。






最近の愉しみは


「日々の生活をキロクする」ということ。




ごはん日記は、1ヶ月前から始めました。




口にする食べ物、飲み物、調味料をキロクすることで、気付くことがたくさんあります。



この1ヶ月で最大の気付きは、



「鉄分を考えた食事作りがルーティンにしっかりなってる!」




ということです。







客観視しないと気づきませんでした。



そして、
「わたしはもう貧血にならないな〜〜!」



という自信が、身体中に湧いてることにハッとします。


実際に、ここ数回の採血検査では、数値が正常値!


貧血克服したって言っていいですよね、これは^^



2年前に、ヘモグロビンが5.5まで下がってしまったとき


「日常生活を送れるレベルじゃないですよ。輸血が必要です」と伝えられたときは、

「身体から血がなくなってしまう、、」という恐怖を感じました。


そこからコツコツ毎日、貧血のための食事を続けてきたから、克服できたのかな、と感じています。






睡眠、読んだ本、楽器練習、運動キロクなど
他にもやりたい日記がたくさん。


生活習慣を大きく見直している、2017秋です。




■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

満月の夜に。







可憐な大輪の花がステキだな〜と、心惹かれる時期もあれば



素朴な野花にきゅんとくる時期もある。



心が移り変わるのは、とっても自然なことなんでしょうね。



2017年も冬春夏秋と季節が巡って、残り3ヶ月。




日々いろんなことがふわふわと移りゆく中で、

これだけは絶対に大事にしたい、と譲れないモノコトを整理しているこの頃です。



今日は満月ですし、

眠りにつくまでのじかん、

今の自分の心がどこに向かっているのか、ゆったり見つめ直してみようと思います^^





親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

十五夜さんで思い出す母の姿。






今夜は中秋の名月ですね。



大在の地域は、「みーげつちょーだい♪」のお菓子もらいの風習が今も残っています。



小学生のお子さんがいるお家をまわるのですが、先ほどは我が家にも


「みいげつありますか〜〜!?」と男の子が大きな声で尋ねてきました^^



そう、玄関の外灯がついてるお家が目印なので、


お菓子を用意していないお家は、この日は外灯を消しておくのが暗黙の了解になっているのに、


すっかり忘れて外灯をつけていたので、期待させてしまいました。



ごめんね〜〜。




お菓子は、市販のものを用意しているお家がほとんどなのですが、




わたしが小学生の頃は、母はいつも手作りのお菓子を大量に用意していました。



みいげつの日は、

「ただいま〜〜!」と学校から帰宅すると、台所やダイニングテーブルいっぱいに並べられた手作りお菓子の光景や甘〜い香りが、嬉しくてたまらなかったことを思い出します。


畑で収穫したサツマイモを使った

スイートポテト
石垣餅
大学芋


マドレーヌ
クッキー
パウンドケーキ

などのときもありました。






みいげつの翌日に、

「みくちゃんのお母さんの手作りのお菓子、すごく美味しかった!」と友だちに言ってもらえるのが嬉しかったなぁー。



市販のお菓子が好きな男の子からは


「えーーっ、なんでこんなんなん?お菓子買うお金ないん?」


とか率直な感想を言われたこともあったかな。笑




当時はグサッと心が傷ついていましたが、スナック菓子も美味しいですもんね。

わたしもいつか母になる日がきたら、

母が姿で、食の大切さを感じさせてくれたように、
きっと同じように、秋の食材を使った手作り菓子を用意したくなるんだろうな、と思います。






親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

山から白鳥。






お休みの今日は、キャンプにきています。



湖のある場所なので白鳥がたくさんいるのですが、



ん??


突然、



のそりのそりと、山から1羽降りてきました、、!!!!!







そして真っ直ぐに、うちのタープの中に。。







しばらく立ち止まったあとは、








湖のほうへ向かって帰って行きました。




好奇心で山に遊びに行ってたのでしょうかね。。


ちょっと怪我してたけど、大丈夫かな、、。



キャンプでのビックリな出来事でした。




親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

10月。





10月ですね!


朝晩は、だんだんと冷え込んできました。



春夏秋冬を繰り返し体験してきたはずなのに、


夏の暑さ真っ只中のときは、冬の寒さの感覚なんて思い出せないですね。




あぁ、


毎日が寒くなるなぁ。。




10月の間に、水を使う家の大掃除は、終わらせておきたいなぁと思っています。





親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

休日、。






休日。



ブログ更新が遅くなりました。








365日更新が途絶えるところでした。


危ない、危ない、、。





臼杵のスズナリコーヒーでまったりし、


好きなomomのアクセサリーを購入できました。






親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

小さじ「シュトウタエコ」ちゃんの、子ども用ターバン。






台風の影響はみなさん、大丈夫でしたか??


今回はまさに直撃!という感じの強い雨風でしたね。



大在おうち教室は、庭木が斜めになってます。

明日朝1番の仕事は、庭の掃除になりそうです。





さて。
wakka.の「わくわく3点セット」(名札、シール帳、月謝袋)を製作していただいてます


シュトウタエコ ちゃん


明日は、イベント出店されるようです♪










府内5番街にあります

美容室ターミナル(アローズのビル3F)




いろんなクリエイターの方たちの作品が並び、わくわくしますね♪




子ども用のターバンもあるみたいです!

写真を見ましたが、すっごい可愛かったですよ!!



「お子さんがいる方もぜひどうぞ〜〜!」というご案内も目にしましたので、

明日のご予定がお決まりでない方はぜひ、ふらっと遊びに行かれてみてくださいね。




親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

らっきょう漬け。





らっきょう漬け。





親戚の畑で採れた土付きらっきょうを、
父が丁寧に表皮をとって下処理をし


母が漬けたものです。




「らっきょうは1日仕事なんよー!大変!!」



と2人でポロっと愚痴をこぼしていたけれど、


食の手仕事をやらずにはいられないんでしょうね。



来年はわたしも下処理、一緒にやろうかと思います。


両親が大事にしてきた「食への姿勢」は、受け継いで自分のものにしていきたいな。




それにしても、

らっきょう漬けが美味しすぎて、毎日ポリポリごはんのお供にしています^^


血液もサラサラになる効果があるみたいですよ♪




親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

「しらゆきひめ」の物語。






Hちゃんのイマジネーションの世界。


「あるところに、しらゆきひめがいました。」


「しらゆきひめが、もりのなかをあるいていると‥おしろのへいたいとであいました。」


このあとも、空想物語はどんどん続き、


「羊毛フェルト」を使って、見えないもの(イマジネーション)をカタチにしていったのでした^^



こどもたちの様子から、ピアノレッスンを少し早めに切り上げたときは


羊毛フェルトや、シフォン
ライアー、民族楽器などなど




感性が伸びるような 遊びのじかんもとっています。





親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』代表 佐藤 みく

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校


ハレの日。






ハレの日。



花嫁さんのお父さんのギター演奏での入場からはじまり、



余興は、新郎のお友だちのギターでした。


2人のために作詞作曲をしてオリジナルソングを歌っていました。






結婚式は、やっぱりいいですね^^




明日からwakka.は通常レッスンです。


おやすみなさい。





親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』

■親子のための「音脳リトミック教室」
■ピアノリトミック教室
■幼児ピアノ教室
■世界にひとつの子もり唄づくり教室
■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

12345>|next>>