October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

本物に触れると音が変わる。




ここに書き留めたいことが溜まってます。



アウトプットが全然追いつかないもどかしさはありますが、きっとこれが今の自分のリズムだと思うので、ふーっと焦らずに‥(心のつぶやき、)



「こどもの頃から本物に触れるといいよ」っていうのは、きっと多くの人が知っていることだと思うし、子育ての中で実践している人もいらっしゃると思います。



私は自覚したのは最近ですが、けっこう前からレッスンで自然と取り入れていたことのひとつ。



例えば。

先日6歳Sくんとのレッスンの一コマ。




課題の曲の中に

「ろうそく ぽっ ぽっ」という歌詞があるのですが、Sくんの実際のピアノの音は「ろうそく ごぉぉーごぉぉー」と大きく燃え盛る炎のような音でした。



「ろうそくに火が灯ったところを見たことある?」と尋ねると、首を横にふりふり。



そこで、


実際のキャンドルに火を灯して感じてもらう。




私「ろうそくの火を見て、どんな気持ちになったー?」


ーーーしばし沈黙、、


Sくん「‥‥優しい気持ち‥‥」


私「じゃあ、優しい気持ちでろうそくぽっぽっのところ弾いてみようね」



さて、ピアノの音はどうなったでしょうか?



優しい柔らか〜い音色に変わったのでした。


‥言葉だけでは、音は変わらなかったのに。



そういえば、生徒さんの保護者の方も「本物に触れさせる」を大事にしている方はけっこういます。


それは、取ってつけたような「ゴッホの絵を見せる」「クラシック音楽を食事中に流す」というようなことではなく


「日曜日のホットドッグ」の課題曲の時期に「このまえおやすみのひに、ホットドッグ食べたんだよー♩」と、子どもが嬉しそうに話してくれるような、気持ちや生活に寄り添った「本物」との触れさせ方。


ステキだと思います^ ^



お母さん自身が、ゴッホの絵を見て心動いて、「我が子にもこの気持ちわかってほしいー」という衝動に駆られての「ゴッホの絵を見せる」行動だったら、

きっとゴッホの絵の良さもお子さんに伝わるはず。


絵もネットの画像で見るのと、美術館に観に出かけるのとでは、雲泥の差だと思います。


その作品に込められたというか、憑依したというか、

「作者のエネルギーを肌で感じる」っていう体験がきっと、本物の体験になるんだろうな。


体験できないことは「想像する」。



想像力を育てることを大事にしてるwakka.のリトミックは、やっぱり自信を持って世の中に打ち出してもいいのかもしれない。


あ、

今回は絵で例えましたが、演奏会、ライブで「生身の人の演奏を体験する」もとっても大事ですね。

comments

   
pagetop