June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

おへんじできたね!



先週は、親子リトミック教室も開催しました^_^


(レッスンに集中&話に夢中。写真は1枚も残せていません、)



赤ちゃんの1年は、めまぐるしく日々変わっていきますね。


忙しく過ぎていく日々の中でも、何かひとつでも続けていることがあると、お子さんの小さな成長に気づきやすく、喜びが増えていくと思います。



ご参加の親子さんが、たまたま出会った、このwakka.のリトミック教室でも、毎回いろいろな成長を一緒に感じさせていただいています。



来月1歳のお誕生日を迎えるHちゃん。


リトミックの「おへんじのうた」で、

ちっちゃな声をだして初めておへんじできました♩


やったねっ。


その後のリトミックは、「おそうじ」をテーマに想像を広げながら楽しみました。



ご参加いただきありがとうございました♡

また来月もお待ちしています。

赤ちゃんとお母さんのための「リズムマッサージ」



赤ちゃんとお母さんのための「リズムマッサージ」の教室。



「マッサージを覚えてお家でもやってみたかった!」というお母さんに、今月は教室を開いてお伝えさせていただきました^_^



お子さんのために一生懸命にマッサージを覚えて、お家でも取り入れたい愛情が伝わってくると



伝えるわたしも、熱が入っていきました。




マッサージの歌覚えれたかな??



お母さんの声と手の温もりで、

肌のふれあいをとおして、愛情をしっかり伝えてあげてくださいねっ。



肌をとおして伝えたお母さんの想いは、お子さんの原体験として、カラダの記憶にずっと残っていきますから。



ご参加いただき、ありがとうございました♡


-----


赤ちゃんとお母さんのための

『リズムマッサージ教室』


●じっくり覚えたい「個人レッスン」

●お友だち同士の「ペアレッスン」

●ワイワイと「グループレッスン」



現在は定期教室は開催していませんが、

いつでも開催希望は承っています。


お気軽にご相談くださいね!



097-507-5859(佐藤)

wakka.rythmique39@gmail.com

音楽表現について考える。



「表現」について、思い返せば20歳の頃からいつもいつも考え続けてきて、


頭の片隅どころか、真ん中にある気がします。



20代は幼稚園教諭としてこどもたちと関わっていたので、「表現発表会」が毎年あり、クラスのこどもたちと一緒に舞台を創り上げるのが、ほんっと楽しかった!!



こどもか言葉に出しやすい言い回し

こどもに声に出してほしい言葉選び


伝えたいメッセージが、観ている人に届くからだの動き

「個」で動いたほうがいいのか、「集団」で動いたほうが伝わるのか


台詞を声に出すときに、舞台で一歩前に出るだけで、お客さんにより伝わること


逆に、引いたほうがぐっと良くなる時もあること


シーンが伝わる音楽選び

ときには作曲したり、こどもと一緒に音づくりしたり、演奏したり。



道具はなるべく使わずに、シンプルにからだだけでの表現を大事にしながら、


楽しみながら創り上げていってました。



なので、今主宰しているwakka.の教室も、リトミック、ピアミック、ピアノ、発表会を創り上げること‥



どれも、大好きが凝縮したような仕事なんですよね^_^




で、なんで急に昔話を始めたかというと。



ただただ、「奇をてらっただけ」の何の想いもない音楽表現は、ほんとにダメだ‥と心底感じる体感をしたので、覚書として残しておきたかったんです。



音楽評論家でも何でもないので、偉そうに言える立場ではないですが。



先週末出かけたフェスでのアーティストの音楽表現が、ほんとうにヒドかった。



聴いていて、観ていて、

心がピクリとも動かない

からだもシーンと動かない



むしろ、


その場から離れたくなるような音の羅列。




山での家族での暮らしやお店のことが、よくメディアに取り上げられているので、



(ステキだなー

どんな音楽演奏するんだろ♩)



とか期待しながらフェスに行った自分にも、絶望してしまいました。




ほかの分野と掛け持ちして二足のわらじでも、すごくいい音楽を作って演奏される方もたくさんいます。



楽しいも、

嬉しいも、

愛しいも、

面白いも、

悲しいも、

寂しいも、

苦しいも、

心地よいも、

素敵!も、


何の感情も湧き上がってこない音楽って、初めての体感でした。



ステージが終わったあとのポカンと「無」の感覚。




wakka.の生徒さんには、将来ぜったいにこんな音楽を奏でる人にはなってほしくない!


そして、

わたし自身も、この日に感じたことを心に深く刻んでおきたいです。



長々と書いてしまったけれど、1言にまとめると「音楽愛」を感じなかった、ということになりそう。



めずらしく辛口な内容で‥失礼しました。



※個人的意見です。




キセルさんのステージ、素晴らしかったです!

20周年おめでとうございます^_^

サボテン。



ぴょこっと、こんにちは。



大在おうち教室、

玄関に置いてあるサボテンが、いつのまにか花を咲かせてました。



かわいいーー^_^




生徒さんたちが入園、入学、進級して、ワクワク感の中、



学校の書類が多い、、、

PTAが、、、


と、お母さん方からポロっとこぼれる言葉がね、

ヤラナケレバイケナイコトオオイネ、、


‥ご苦労様です。



わたしも、書きたいこと溜まってます。

また明日以降に。



おやすみなさい!

仲良し2人のペアレッスン。




小学2年生に進級した、仲良しAちゃん&Aちゃん。



おなじクラスになれたようです。

よかったね^_^



そして、

4月からは、学校帰りに2人で歩いてピアノレッスンに通ってくることになりました。



「ピアノ連弾曲を2人でれんしゅうできるねっ」と振ってみると、



「やったぁー!!楽しみ!!」と盛り上がっていました。


ペアレッスンだからこそできるレッスン内容で、これから取り組んでいくのが、わたしも楽しみです♡

おかえりなさい♩




会って話すと、背筋がシャンと伸びる感覚になる、


わたしにとってそんな存在の人が、この春に東京から大分に戻ってきました。




久しぶりにお会いして、近況や他愛のない話から生まれる、面白そうなこの先のこと。



どんな分野でも、

ひとつの道を突き詰めて生きてきた方との話は、ほんと刺激になります。



 そして、


日々の暮らしも、仕事も、

ついつい、自分自身で枠を決めてしまいそうになりますが、


そこからはみ出したところにこそ、人の心が動くものがあるような気がします。





‥心の備忘録でした。


え い ご じ ん 。



ピアノのレッスンのお部屋に入ってきたら


バックをポンと床に置いて、そのまま真っ先にキーボードへ直行するDくん。




実は、前回のレッスンで「ピアノやめたいなー」という気持ちになっていることをお母さんから伝えられました。




こどものやりたい!に波があるのは自然なことなので、気持ちが下向きになったときに周りの大人が「どんな環境を作ってあげるか」はとっても大事です。




気分転換に、ピアノではなくキーボードに触れさせてみたら、これがDくんにはツボだったようです。



そして、、




「みくせんせー!このまえみた えいごじん かっこよかった。なんてきょくなん?」



※えいごじん = 外国人



わたしは、自分がグッときた演奏の動画を、生徒さんにも観せることがあります。



海外の楽器メーカーのスタッフの方が弾いていた、ジャズ演奏がカッコよかったので、それを一緒に観たのを思い出したようです^_^



「カッコよかったよね。真似っこしてみる?」と尋ねると、


「うん!!やりたい!!!」



ということで、この配置。




夢中になって、ひとしきり遊んだあと、おもわず出た一言が



「おれ、れんしゅうしてくるけん。」


という言葉でした。



きっと、遊んでいるうちに、

あの動画のえいごじんみたいにカッコよく弾けるには、練習せんといけん!!!


と感じたんでしょうねっ。



よかった^_^



それにしても、えいごじん。


かわいい呼び名。

桜の音。



花開く前の「桜のツボミ」をカラダで表現、Sちゃん親子。




お姉ちゃんのピアノレッスンのあとに、

とおんちゃんとのピアミックのじかん。



小さくまるめたカラダを‥



「パッカーン!!」と花開く。



桜が開く音も、Sちゃんが想像して考えました。


ピアノの鍵盤でも上手に表現できました♩


(撮影:お姉ちゃん)





おなじ日に、別のSちゃん。


4月からピアノレッスンに通い始めました。

待ってたよ♡


リトミック教室のさいごから、1年ぶりに会って、背もぐーんと伸びていました。



「木とどっちが背が高いかなー?」とお母さん。


こどもがワクワクっと、おもわず試してみたくなる言葉掛けが、いつも上手です^_^



これから長いお付き合い、よろしくお願い致します♩

お別れの季節です、。





西部公民館でのリトミック教室の頃から、ずっと通っていただいていたMちゃんご家族。



今日が最後のレッスンでした。





寂しい、、、(;_;)




幼児期の習い事って、お母さんは何が大変かっていうと、やっぱり送迎ですよね。




遠い地域からのレッスン通い、これまで本当にお疲れ様でした。




フルタイムでお仕事復帰されることを考えての、教室退会のご決断。



ライフスタイルに合わせながらも、これからも新しい先生と一緒に、ずっとご家族でピアノ演奏をたのしんで欲しいなと思っています。




大事な幼児期に、一緒に成長を見守らせていただきありがとうございました。




狭い大分なので、またどこかでバッタリ会いましょうねっ!!!!!

新年度のレッスンセット。




春からの、新しい月謝袋が届きました。




布物作家のシュトウタエコちゃんに作っていただいてます。




生徒さんが日々レッスンで触れるものは、月謝袋ひとつにもこだわってましたが、





今年はレッスンノートは、市販のキャラクターものを頼りにすることに。




レッスンノートを内容から吟味していちから作る労力と、

その他やりたいことを天秤にかけると、



市販のものを取り入れることにしたのでした^_^




生徒さんが楽しい気持ちでピアノレッスンできるのが1番なので、

グッズのこだわりは、ちょっと緩めます。




3月もあとちょっとで終わりますね。

大在おうち教室の前の桜も、ちらほらピンク色が見えています♩

<<back|<123456>|next>>
pagetop