December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

こどもが世界を知るとき。

 

 

先週のことです。

 

 

9月に入ってから、幼児教育の講座やリトミックの研究発表などが続いていました。

ドドッと一気に、心動く多くの学びがあったのでその勢いで書ければ一番良かったのですが

少し時間が経った今書くことで、整理しながらお伝えしていこうと思います。

 

 

大分県子ども劇場主催

くらしき作陽大学 子ども教育学部 浅野泰昌先生の講演会

 

 

学生さんと共にご自身も人形劇づくりに取り組み、年間60ステージもの公演を行っている先生です!

乳幼児のもつ力のすごさに、改めてはっと気づかされ、新鮮な気持ちになった2時間半でした。

 

 

●今、乳幼児期の子どもたちに育むべきことは、「社会的な存在」という意識。

 

●よりよい幼児教育を目指して大事にしたいのは「非認知能力」(やり抜く力、意欲、自尊心など)だということ。

 

●改定後の「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」のこと。

 

●発達の生態学的システム理論のこと。

 

●これまでの乳児像から「新しい乳児像」に世の中の概念を変える必要があること。  etc…

 

 

「乳児像」と表現すると硬いですが

「歩き始める前の爍虻个寮屬舛磴鵝鼻廚里海箸任垢諭

 

 

0歳の赤ちゃんは、狢膺佑ら働きかけないと何もできない存在”という世の中の認識が

もしかしたらまだあるかもしれませんが、そんなことはないんですよ!という大事なことを

エピソードや映像で分かりやすく伝えてくださいました。

 

 

赤ちゃんも、

●主体性を持つ存在

●記憶して身体を駆使して解決を図る存在

●表現に感応する存在

●相手を読み取ろう、推しはかろうとする存在

●相手に働きかける存在

●相手に同調する存在

 

 

表現に感応している、ひとつの例として取り上げられた赤ちゃんの動画です↓

 

 

…めちゃくちゃ可愛い!

(パソコンじゃ再生できませんね、スマホは見れます!)

 

 

専門家の賛否両論はあるようですが、お母さんが歌い始めた瞬間から感極まった表情になったのを見ると

やっぱり歌声に感動して泣いているんじゃないのかなと私も感じます。

 

 

余談ですが、アメリカのテレビ局が企画して、赤ちゃんが涙するところを生放送で全米に流すために

スタジオでお母さんにおんなじ歌を歌ってもらったそうです。

 

すると、赤ちゃんはスタジオでどんな行動をしたと思いますか?

 

…目線をそらして、指しゃぶりをはじめてしまったということでした。

 

 

生放送のできごとからも感じるように、

「こどもの感動体験」にはいろんな要素が必要になってくるのかもしれません。

 

それは、

普段過ごす安心できる家(場所)だったり、

こどもの情緒が落ち着く香りだったり。

 

そして、

 

物事やできごとを『誰とどのように観て体験するのか』というのは一番大切な要素だと感じました。

 

こどもが世界を知っていくとき、身近な大人の在り方がその後に大きく影響していくと思うと

ついつい肩肘はって、正しい立派な姿を見せなきゃ!と思ってしまいますが

きっとそれだと、こどももシンドイ。

 

先生という立場ですが、私自身のいいところも悪いところも包み隠さず、

好きなものはすごく好き!嫌いなものはちょっと嫌だ…と

人間らしくありのままで生徒さんと関わっていきたいなと思ったのでした。

溢れ出す想いを‥ブログ再開します。




教室の日々の中で、

こどもたちが心動く瞬間を残したくなる。




音楽、幼児教育を学び続けていく中で

「これは多くの人に伝えたい!」と想いが溢れてくることがある。




芸術に触れて、感じたこと考えたことを、誰かと分かち合いたくなる。





1年ほどブログをお休みしていましたが、

日々を言葉で残したい気持ちが、また戻ってきました。




タイトル名も変えました。


『音楽と幼児教育と、日々の教室の話。』




毎日書くルールは決めずに、できるときにコツコツと綴っていきます。



よろしければまた、時々覗きにきてください^^





佐藤 みく


【 お知らせ 】しばらくブログをお休みします。






「365日ブログを更新する」を、年初めに目標にしていました。




ブログを毎日の習慣にすることで、

●日々wakka.がどんな教室をしているのかな

●どんな先生なのかな


●それぞれの親子の暮らしに取り入れたくなるような、役立つ子育て情報や知識



を、これからもたくさんの方の目に触れるブログで発信していきたいという気持ちは変わらずにあります。




ただ、突然にはなりますが、しばらく更新をお休みすることにします。





365日は達成できませんでしたが、「毎日の習慣にする」は、十分達成できてるかな!




生徒さんへの連絡のやり取りはこれからも個別にしていきますし、


ブログはお休みしても、教室は変わらず続けていきますね^^





ずっと読んでいただいてた方の中には、 お会いしたことのない方もいらっしゃるのかもしれません。



ありがとうございました。
何かのお役に立てていたら嬉しいです^^




‥実際は、毎日書いてアウトプットすることで、


見栄を張りすぎてないかな
謙遜しすぎてないかな
自然体のちょうどいい言葉で綴れているかな



他の誰かのためというより
自分のために「今の私」を、確認していたのかもしれません。




2012年の秋から、教室を立ち上げたタイミングで書き始め、5年間続けてきたブログ記事は

そのままとっておこうと思います。

目に触れる方の何かの気づきになりますように。


ブログ再開の期限は決めていませんので、また始めるときはHPのほうでお知らせしていきます。





※西部公民館でのリトミック教室は、これまで通りにHPのほうで毎日25日に募集スタートを致します♪♪






■『wakka.』親子リトミック・ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

br />

【 ご質問 】リトミック教室のお部屋について♪







「リトミック教室のお部屋は畳ですか?
HPのお写真が畳だったり、違ったりしていたので、どちらかなと思って(^^)」


とご質問をいただきました。






キホンは、西部公民館3階の多目的ホールでリトミック教室を開催しています。



↓こちらの雰囲気のお部屋です。







公民館の抽選予約が取れなかったときに、2階の和室で開催しています。



今年度は、和室の日が多いです。






ブログなどの写真を見て、お部屋を疑問に思われていた方もいらっしゃるかもしれないですね。


よろしくお願い致します♪♪




<■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校


愉快な日曜日のレッスン。







雨の日曜日でしたね。




お家でゆっくり過ごされましたか?
お出掛けしましたか?^^



wakka.は朝から夕方まで、7レッスンでした。




7人7様、(弟妹のちょこっとピアミックも入れたら12人)レッスン中はいろんな姿があります♪



お母さんに教えてもらった「ねこふんじゃった」を披露してくれたり


「あそぶじかんがなくなるけん、かんたんなみじかいきょくにして〜」と希望を伝えてきたり




「とおんちゃんって、とおんきごうのことなんや!」と繋がりを発見したり。


愉快な日曜日のレッスンでした♪♪




明日からも雨が続く予報ですね。

空が暗いと、私は気持ちが沈みがちになります。



みなさんも同じでしょうか?


美味しいもの、いい香り、好きな音楽‥



ふーっと息抜きしながら、明日からの1週間も過ごしたいな。







■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校


ごはん日記。






最近の愉しみは


「日々の生活をキロクする」ということ。




ごはん日記は、1ヶ月前から始めました。




口にする食べ物、飲み物、調味料をキロクすることで、気付くことがたくさんあります。



この1ヶ月で最大の気付きは、



「鉄分を考えた食事作りがルーティンにしっかりなってる!」




ということです。







客観視しないと気づきませんでした。



そして、
「わたしはもう貧血にならないな〜〜!」



という自信が、身体中に湧いてることにハッとします。


実際に、ここ数回の採血検査では、数値が正常値!


貧血克服したって言っていいですよね、これは^^



2年前に、ヘモグロビンが5.5まで下がってしまったとき


「日常生活を送れるレベルじゃないですよ。輸血が必要です」と伝えられたときは、

「身体から血がなくなってしまう、、」という恐怖を感じました。


そこからコツコツ毎日、貧血のための食事を続けてきたから、克服できたのかな、と感じています。






睡眠、読んだ本、楽器練習、運動キロクなど
他にもやりたい日記がたくさん。


生活習慣を大きく見直している、2017秋です。




■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

リトミック「3びきの こぶたの ものがたり」







親子のための「音脳リトミック教室」 at 西部公民館教室




秋の森へみんなでおさんぼ♪






「さんぽ、さんぽ〜〜♪」



即時反応力を培いながら、
秋の森を想像していくと



どんぐり、きのこ、むし、バナナ‥


親子でいろんな秋を見つけていました^^






森の奥深くにいくと、


3びきのこぶたがお家づくりをしていました。



秋の森に落ちているものを使ってお家を作ろう♪



栗拾いのバッグをシフォンで作り

栗拾いをして



栗のお家が完成したのでした。








ライオンさんと鳥さんも、お家に遊びにきて、栗のお家で仲良く遊んだのでした。




めでたし、めでたし。







■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

社会学者、古市憲寿さんの連載コラムが興味深い!







これからの日本での子育てについて

とても良いと感じるコラムを見つけました。


こちらでシェアしますね!







社会学者・古市憲寿さんの連載記事




昨年から、かなりの数の連載が続いているコラムのようです。




まだ感想を書けるほど読めていないのですが、時間を見つけてわたしも読み進めていこうと思います。



「保育園義務教育化」というアイデアだけでも、なるほど〜と興味が湧いています^^





今日はリトミック教室の日でした♪

教室報告は、また明日のブログにしますね♪♪






■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく
ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』
親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室

■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

大好きとおんちゃんのうた♪






先日のピアミックレッスンの一コマ。



3人でニニコニコ笑い合いながら、とおんちゃんのうたを歌って踊っています♪



お姉ちゃんのピアノレッスンが終わってから、弟妹ちゃんのピアミックなので、

お姉ちゃんもホッとリラックスして楽しそう^^




こうやって、「ピアノって楽しいよね♪♪」という体験を積み重ねて、根っこに備わっていくといいですね。




■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく

ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』

親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室


■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

旅する音楽〜Henning Schmiedt Japan Tour 2017〜






以前の記事 でもご紹介させていただいたドイツのピアニスト。



ヘニング・シュミートのピアノ演奏を聴きに、昨夜は別府へ行ってきました。







音って、その人の生き方がそのまま表れるなぁと思います。




生き方‥日々何をして過ごしているかが音に影響すると分かっているからこそ、


本格的にクラシックを教えられるピアノの先生は、煌びやかで華やかな暮らしに必然となっていくと思いますし、



魅力的なアーティストも、日々の暮らしにこだわっていると思います。




そして、


見た目や雰囲気とギャップのある音で魅力するピアニストもいれば、


自然体のありのままの音で惹きつけられるピアニストもいます。



ヘニング・シュミートは、後者のほうだと感じます。



作り出す曲も、目に移る日常を切り取って音を通して伝えてくれてるんだなぁーと。


あんなに愛のある音を、わたしも奏でたいな。








楽譜を1冊購入したので、サインをいただけました。



そして ツーショット写真も撮っていただけて、、感激でした!







「あなたのピアノ動画を初めて観たとき、涙がでました‥」と、

カタコト英語で伝えると


「オオ、、ゴメンネ、、」と日本語で返してくれたので


「いやいや、心が温かくなっておもわずぽろっと。。」と、お話することができました^^



(あぁ、こんなとき英語がペラペラ話せれば、もっと気持ちが伝えれるのにー、悔しい。)


優しくて温かいピアノの音に包まれて

とても心が満たされた、幸せな一夜でした。



■『wakka.』ピアノ教室 代表 佐藤 みく

ピアノリトミック / 幼児ピアノ / 大人ピアノ

■親子の毎日が愉しくなる教室『wakka.』

親子のための「音脳リトミック教室」/ 世界にひとつの子もり唄づくり教室


■(社)日本音楽脳育協会認定 講師養成スクール 大分大在校

<<back|<1234567>|next>>